一歩から始めるブログ

別居ときどき同居な共働き家族のカタチ(現在同居中)

楽天モバイルを辞めて、日本通信SIMに変更した理由
【トイサブ】1歳2ヶ月、第1回が届きました。おもちゃ全部レポートします。
【まとめ】初めての保育園生活。頑張った1か月の全記録
横峯さくらさんの永久シードを目指す姿に共感と応援と。

Re:getA(リゲッタ)のサンダル、1万歩以上歩いても足が痛くならない

毎日暑い日が続きますね。

 

子育て中の私、圧倒的にスニーカーが多いのですが、先日Re:getA(リゲッタ)のサンダルを購入しました。

 

f:id:separation_marriage:20220814072050j:image

 

圧倒的な歩きやすさに感動してます。もし、サンダルを買っても、いつも痛くて困っているあなた!サンダルをあきらめる前にリゲッタを試してみませんか?

 

 

サンダルを購入した理由

 

暑いからです。

 

スニーカーは歩きやすさは抜群なんだけど、やっぱり靴下を履くし、蒸れる。

靴や靴下を脱いだ時のあのもわっとする感覚、だいぶ嫌です。

 

なので、夏はさわやかにサンダル履きたいなと。

 

でも今は子育て中、息子は1歳7か月を超え、動きもより活発になってきました。ベビーカーを嫌がることも増え、目が離せません。

 

 

子育て中でも履けるサンダルとは?

 

子育て中の絶対条件は歩きやすくて走れること。

 

ミュールやビーチサンダルのようなタイプだと、走りにくいし、脱げやすくもなります。そりゃ履いちゃダメではないけど、できれば避けておきたいと思ってしまいます。

 

そんな中。

 

家族でコストコに買い物にいったとき。たまたま目についたRe:getA(リゲッタ)のサンダル、試着してびっくりするくらい履きごごちがよくて、即買いしました。

 

Re:getA(リゲッタ)ってどんなの?

 

Re:getA(リゲッタ)は、2005年に大阪・生野区で生まれたコンフォートシューズブランドです。

 

ブランド名のRe:getA(リゲッタ)の由来はゲタです。

 

硬いアスファルトを歩く現代人の足にフィットするように人間工学に基づいた技術とアイデアで再設計し、作り上げられたもの。履きやすさも、デザイン性も、両方兼ね備えた女性の味方、それがRe:getA(リゲッタ)なのです。

 

写真は公式からお借りしています。

 

Re:getA(リゲッタ)が選ばれる理由はこちら。

 

  1. ルーペインソールで足圧を分散
  2. 快適な履き心地
  3. 温かみのあるデザイン
  4. 理想的な歩きからローリング歩行
  5. 正しい姿勢で健康をサポート
  6. 信頼の日本製

 

Re:getA(リゲッタ)を履いてみて

 

購入したのは、こちらのウェッジクロスサンダルです。

 

 

履いてみてびっくりしました。

 

とっても履きやすい!

 
普通サンダルの場合、足に密着する部分てほぼまっすぐですよね。
 
でも、Re:getA(リゲッタ)は足全体を包み込むようになっています。
 
横から見るとわかりやすいです。
f:id:separation_marriage:20220814072110j:image
 
つま先が反り返っているので、わずかな力だけで前に進めます。
 
カカトから着地し、小指〜親指へ体重が移動していく正しく理想的な歩き方が「ローリング歩行」を推奨しているので、この形になったそう。
 
 
なぜこんなに楽なのか、気になったので調べてみました。
 

Re:getA(リゲッタ)が歩きやすい理由

 
一般的に、足は
指のつけね
かかと
の2点で全体重を支えています。

 
これが痛み、疲れ、角質の大きな原因になる大きな理由です。
 
だけど、Re:getA(リゲッタ)のソールは指のつけね、かかとの2点に追加して、
足裏のくぼみ
土踏まず
かかとまわり
普通の靴では使っていない部分へ負担を分散するので楽になります。
 

 
 
なるほど。納得です。
 
自分の体重をたった2本の足で支え、さらにつま先とかかとだけになると、負担が大きすぎる。だけど、負担を分散し、足全体で支える、ということなんですね。
 
そりゃ、楽なはずです。
個人的には、土踏まずのカーブのフィット感が絶妙に気持ち良いです。
 
f:id:separation_marriage:20220814072124j:image
 

基本スペック

 
片足重量:280g(Mサイズの場合)
素材:合成皮革
合成底(ポリウレタン)
横幅(ワイズ):3E相当
日本製
 
つま先側の高さは2cm
かかと側の高さは5.5cm
 
ちょっとかかとが高いかな、って思いますよね。
でも、土踏まずに対する絶妙なカーブが心地よく、全く気になりません。
 
というか、この高さがあるからこそ、より歩きやすい構造になっているのだと思います。
 
横幅は3E相当なので、広めです。
 
ちなみに、私は24cmの横幅広めの足ですが、Lサイズを購入しました。サイズ感はぴったりです。
 
サンダルの甲やアンクル、ヒールのバンド部分も柔らかいので、長く履いていても痛くなりません。
 

1万歩以上歩いても痛くないRe:getA(リゲッタ)

 
この夏、近所の買い物から遠出のお出かけにもリゲッタを履きました。
一日歩くときってなんとなくサンダルだと怖いですよね。靴擦れしたくないからって。
 
でも、あまりにも快適だったので、お出かけの時にも履いていったんです。行先は動物園。一日中歩く定番の行き先です。
 
 
実際、朝から昼過ぎまで、ほぼ歩きっぱなし、一日1万5000歩ほど歩きましたが、足は全然痛くなくて。スニーカーよりも歩きやすいのでは?と思うくらい快適でした。
 
途中息子が駆けだして追いかけたりもしけれど、全然痛くない。ストラップもあるから脱げないし。
 
やはり、足の負担を分散することの威力はすさまじく快適なのだと実感しました。
 
 

Re:getA(リゲッタ)のシリーズ

 

カヌーシリーズ

 

Re:getA(リゲッタ)で一番有名なのはこちらのカヌーシリーズでしょう。

街歩きを快適に、をコンセプトに作られています。私が買ったリゲッタよりもつま先、かかとともにより丸いフォルムですね。

 

 

カヌーにもストラップがあるタイプもあります。

 

 

パンプスタイプ

 

サンダルだけでなく、パンプスもあるんですね!

 

 

 

ルーペインソールの中敷き

 
なんと、中敷きもあります。これだと手持ちのスニーカーにも使えるので、購入予定です。
 
メンズ、レディースともにサイズ展開されているのもうれしいですね。夫にも勧めよう。
 

 

 

Re:getA(リゲッタ)の店舗

 

気になると、実際に履いてみたくなりますよね。オリジナルショップはこちらの4店舗です(2022年8月現在)

 

関西

  • 生野本店
  • なんばパークス店
  • 中崎町店(リゲッタカヌー)

 

関東

  • 自由が丘店(リゲッタカヌー)

 

 

少ないな、と思った人、あきらめないでください。

パートナーショップはたくさんあります。きっと近所にもあるはず!

 

↓こちらでご確認できます↓

www.regeta.co.jp

 

Re:getA(リゲッタ)のまとめ

 

履いた瞬間の履き心地のよさに感動して即買いしたけど、本当に買ってよかったです。過去には、長く履くと痛くて一度履いてお蔵入り、というものもありました。
 
自分に合うサンダルなんてない、って思う人にもぜひ試してほしいです。
 
絶対に買って後悔しないサンダルだと思うので、ぜひご検討くださいね。

 

ランキングに参加しています。応援してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村