一歩から始めるブログ

別居ときどき同居な共働き家族のカタチ(現在同居中)

楽天モバイルを辞めて、日本通信SIMに変更した理由
【トイサブ】1歳2ヶ月、第1回が届きました。おもちゃ全部レポートします。
【まとめ】初めての保育園生活。頑張った1か月の全記録
横峯さくらさんの永久シードを目指す姿に共感と応援と。

1歳4か月、待ちに待ったトイサブ2回目の到着!おもちゃ全部レポートします。

 

トイサブを始めて、2回目のおもちゃが届きました!今回はどんなのが届くのかわくわくで待っていました。

 

 

届いたおもちゃ

 

今回も前回と同じ箱に入って6点のおもちゃが届きました。

 

f:id:separation_marriage:20220516103509j:image

 

前回の返却アンケートに音が出るものが気に入った、と書いたので今回も音の出るおもちゃが多めです。

 

さぁ、行ってみよー!

 

Scout's Learning Lights remote(Leap Frog)

 

 
息子が大好きなリモコンのおもちゃです。こちら、海外製のようで、しゃべるのは英語です。どうやらアメリカで販売されているもののようです。
たくさんボタンがあり、それぞれから英語が聞こえます。海外製なので、とても流暢です。
 
It's sunny.(晴れです)
 
息子は適当に押しているだけだけど、かなりの種類の音声があるみたい。海外製なので、大人でも聞き取れないものもあります(汗)今回のおもちゃの中では一番遊んでいます。音が鳴ったり、光ったりと子供の興味を引くことばかりだもんね。車の中でも遊べるので暇つぶしにも最適です。
 

Drop and Go Dump Truck

 
 
3色のボールをトラックの運転席の上の穴に入れると、英語でカウントします。レバーを引くと荷台が持ち上がったり、横にもボタンがあり、歌や音楽が流れます。
 
息子も楽しそうにボールを入れています。ちなみに、ボールはゴルフボールとほぼ同じ大きさなので、ボールいっぱい入れる遊びもできます。紐もついているので、歩きながら引っ張ったりもできるけど、息子はまだできないようです。
 

トイサブの木琴 小さな太陽(オリジナル)

 

f:id:separation_marriage:20220516132814j:image

 

こちら、トイサブのオリジナル商品のようです。市販品だけでなく、こういうのもあるんですね。ドからドまでの音階が鳴ります。裏面には遊び方シートのリンクQRもありました。

 

f:id:separation_marriage:20220516132824j:image

 

バチは紐のついているものと、ついていないものがもう一本ありましたが、我が家は紐付きのみ置いています。バチの先端は小さいので口にも入ります。口に入れないように、とは書いてあるけど、どうしても入れてしまうので、念のため。

一応全力で引っ張ってみたけど、取れないようにはなっていました。

 

ボタンでアクション ぴょっこりどうぶつ

 

 

実際に届いたものはこちらのシリーズの前のバージョンのようです。ちょっと違うから。結構年季が入っているようで、ちょっと動きが鈍いかも。ボタンを押すとかわいい動物がぴょこぴょこ出てきます。モグラたたきのようなかんじ。

 

Spike the Fine Motor Hedgehog

 
 
たいそうなおもちゃ名ですが、ハリネズミの背中に棒を指して遊ぶおもちゃです。差し込む動作、色の理解が目的だそう。棒はなくしがちですが、今のところ全部あります。棒をなめて遊んでいたりもします。ちょっとカーブになっているので持ちやすいようです。返却の時まで無くさないように注意しないと。
 

Stack and Explore Blocks

 

 
よくあるコップ重ねの四角いバージョンです。こちらも海外製でした。丸いコップ重ねは息子も持っていてよく遊んでいますが、四角の重ねは難しいようです。でも、箱として中にボールを入れたりもして遊んでいます。
 

総評

 
木琴がオリジナルなので値段不明ですが、総額18,000円ほどでしょうか。今回は海外製のものが初めてあり、前回同様音の鳴るものが多く、しかも英語!
 
まだ息子は日本語すら「はい」以外しゃべれないので、英語教育なんて全然考えられていません。でも、夫婦とも英語はしゃべれるようになってほしい、と思っているので息子にとっては初めて英語のおもちゃに触れることになりました。
 
2か月後、このおもちゃたちでどんな成長を見せてくれるのか、楽しみです。
 

トイサブの詳細はこちらから

 
ランキングに参加しています。応援してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村